忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レイヤ08

  • posted at:2013-03-31
  • written by:サクラ・エゾヤマ
*SIDE*レイヤ
~デート当日~

宿から一緒に出ればいいものを、何故か待ち合わせをさせられている俺様。

兵庫の奴が「デートと言えば待ち合わせよね!ちゃんと男が先に行っているのよ!」
と強引に先に出されて、今日行く予定の「精霊ランド」とやらの前でサクラを待っている。
かれこれ10分近く待たされているわけだが、早く来んか!サクラ!と思っていたら横から声がした

「お、お待たせしました、レイヤ先生…すいません、灘さんに着付けの最終チェックをされていて…」

「貴様、遅いではない、か?」

そこには、何時もより露出の高めのレースのひらひらしたワンピースにショールを羽織ったサクラが立っていた。
肌が若干紅潮しているのは、走って来たからか、恥ずかしいからなのか。

「サクラ…寒くないか?」

「ちょっと寒いです…っていうか、第一声がそれですか?まあ、レイヤ先生ですから特に期待とかしてませんでしたけど…。」

「まあ、何時もの服が見慣れすぎているせいか、少し違和感を感じるが。ふむ。似合ってはいる…んじゃないか?」

長いこと山に籠っていた俺様の服装に関する感性が何処まで正しいか分からんが、サクラの服は確かに俺様の中では似合っていた。
あまり最初にはっきり言うのもなにかこう、アレなので最初は寒いかどうかを聞いたわけだが。
似合ってると言ったらサクラは少し目を丸くした。

「あ、ありがとうございます。れ、レイヤ先生も馬子にも衣装ですよ!痛い!」

「うるさい。俺様は何時もの格好で良かったのだ。」

生意気な事を言うサクラにチョップをくれてやる。
俺様は薄手のシャツの上に何かよくわからんジャケットを着せられている。
…いつもの錬金術の法衣と何が違うのかわからん。

「とにかく、さっさとデートとやらを済ませて帰るぞ。ここで遊べばいいのだろう?」

「そ、そうですね…なんかこのまま帰っても良い気がするんですけど、なんかバレそうですよね。灘さんに。」

「バレそうだな。」

恋愛関係にかんしては無駄に直感が発達しているからなあの女…自分の事以外。
まあ、適当に遊んで帰れば満足するだろう。

「では、行くぞ。サクラ。」

デートでは手を繋いで歩くんやで!という道産子のアドバイスの元、サクラの手を握ると。

「ひゃわぁ!?れ、レイヤ先生!?手、手!」

「ん?デートとは手を繋ぐものらしいぞ。ほら、行くぞ。」

変な声を出してあばばばばと言ってるサクラを引きずってランドの中に入って行く。

色々な乗り物があるので、とりあえず適当に高い所から落ちるようなものを選択する。

「この高さからなら、ブレインがもしここに居ても見つけられるからな。」

「それは名案ですね!レイヤ先生!全力で見つけましょう!」

まあ、見つからなかったわけだが。空気が読めないブレ公め。

そして、幾つか回る馬等の乗り物に乗ったあと、変な屋敷のようなところにたどりつく。

「ここはなんだ。…お化け屋敷?」

看板にはお化け屋敷、と書かれている。
どうやら、お化けが出て人を脅かすようなアトラクションのようだ。
ふと、握っていたサクラの手が急に少し緊張したような気がした。

「れ、レイヤ先生?次はど、どれに乗ります?もう一回ブレインさん探します?」

…露骨にこの屋敷を避けようとしているな、こいつ。

「どうした、サクラ。まさか錬金術師たるものがお化けが怖いと言うのではないだろう?」

少し面白がってふふんっと、サクラを挑発してみる。
と、見事に乗って来た。

「ば、馬鹿な事を言わないでください!お、お化けなんか全然怖くないんですからね!ぜんっぜん!」

「では、この屋敷の中に入るぞ。折角目の前にあるのだ。入らない手はないな。」

「え、それとこれとは話しが別…ちょ、ちょっとーレイヤ先生ー!?」

そのままサクラを屋敷に中に引きずって行く。

どうやら、サクラは予想以上に、お化けが苦手だったようだ。

屋敷の中に居る間中、俺様の腕にへばりついて離れない。
お化けのようなものが出るたびにーきゃー!とかひぇーとか!叫びながら身体を押しつけてくる。

何時もよりお互いに薄着の物を来ているせいか、色々な感触が直に感じられて…。
あの媚薬を飲んだ時の感触を思い出して、俺様はお化け屋敷に居る間中、別の意味で落ち着くことはなかった。
離せばよかったんだろうが、さすがにぷるぷるぷるぷると涙目で震えているサクラを突き放すのは気が引けた。

お化け屋敷から出て。

「おい、サクラ。何時までひっついている!そろそろ離れろ!」

さすがにもやもやが限界だったので、サクラをばっと離す。

「うぅ…そんな急に離さなくてもぉ…嫌だったのはわかりますけど。レイヤ先生があんなところ入ろうって行ったのが悪いんすよぉ?」

「やかましい、苦手なら苦手と言え馬鹿ものが。それに、別に嫌だったわけではない。ほら、次に行くぞ。」

一度離れたサクラの手を握ってまた別の場所へと足を運ぶ。

…なんだか、少しだけ楽しんでいるな、俺様。
まあ、兵庫に乗せられっぱなしなのも癪なのでこのまま楽しんでやろうではないか、となんだか黙ってしまったサクラを引っ張りながら次のアトラクションを目指すのだった。

…Coming Soon


*SIDE*セツカ

その出会いは偶然の必然

「なんで俺がこんな出歯亀やらなきゃならんのか…まあ、護衛は確かに仕事だけども。」

軽く帽子を被り、眼鏡をかけて変装しながらサクラさんとレイヤ先生の後をつける。
ちなみに、兵庫さんは「私はそんな無粋な真似しないわよ!あ、でもセツカはサクラの護衛だから二人がちゃーんとデートしてるか確認してきなさいね!」
とか言って自分は宿で今回のデート話しを待つようです。うぜぇ。
そんなわけで、レイヤ先生とサクラさんをバレナイ程度に付かず離れずで後ろから尾行してるわけだが。

「…なんか、思ったよりちゃんとデートしてるなあの二人。」

特にブレインさんの話題が出た時は思いっきり話しが弾んでいたようだ…あ、それは何時もか。

しかし、俺も一人で回るんじゃなくてユカラでも連れてこればよかっただろうか?と思っていると…

「よぉよぉ、綺麗な姉ちゃん。お一人?もったいないから俺達と回ろうぜ?」

「…有り難いお申し出ですが、用事がありますので。…前をどいていただけませんか?」

目の前でよくありがちなチャラい男2人に女性がナンパされている。

「連れないねぇ?いいだろ?減るもんじゃないし。」

「…前をどいていただけませんか?」

女性は本気で嫌がっているようだが、面倒事が嫌なのか誰も助けに入らない。

…俺も面倒事は好きじゃないんだがなぁ、と思いながら遭遇してしまったものはしょうがない、と苦笑しながら男と女性の間に割って入る。

「あん?なんだ、兄ちゃん。」

「悪いが、彼女は俺の連れなんだ。すこし待たせてしまった間に、勘違いさせてしまったようで悪いが。ここはお引き取り願えないか?」

「てめぇ、急に出て来て何言ってやが…」

こちらの胸倉をつかもうとしてきた男の手を取って、逆に捻りあげながら笑顔でもう1度同じセリフを言う。

「お引き取り願えないか?」

「ひっ…わ、わかったよ。だからは、離してくれよ。

凄んだのが効いたのか、男たち二人はさっさと退散していく。

「やれやれ、大丈夫でした…か?」

「助けていただき、ありがとうございます。」

振り返り、見た女性の顔は

驚くほど、フィーに似ていた。


…Coming Soon
PR

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最新記事

(10/16)
(04/13)
(04/13)
(04/13)
(04/13)

 

ブログ内検索