忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レイヤ09

  • posted at:2013-03-31
  • written by:サクラ・エゾヤマ
*SIDE*レイヤ・センドウ


「は!何を今考えてたのあたし!ないない!ない!!!」
「…?なんだ一体。」

サクラと手を繋いで…というよりは、サクラを引っ張りながら歩いていると、急に後ろから大声が聞こえて来たので振り向く。

何かよくわからんが、サクラが顔を赤くして叫んだようだ。
一体何事だ?と聞くと「ちょっと錬金術の調合について考えてました」と言ってきた。
…何か違うような気がしないでもないが、特に納得しない理由もないので一応それで納得しておいた。

俺様も、お化け屋敷の中のサクラは少し新鮮だったな…等と考えていたのでちょっとびっくりしすぎた等は言いづらいからな。


園内の一通りのアトラクションを終えた頃にははもう日がすっかり傾き、空には夕焼け空が広がっていた。
他に何か無いか、案内の紙に目をやる。

「ふむ…あと残っているのはナイトパレードとやらだな。」
「ナイトパレードですか…それは楽しみです。どんなのかなぁ。」

ナイトパレードという物は実は初体験だ。
ジェイド王国が復興した時に昼から晩まで王族達の凱旋パレードが行われた…らしい。
俺様はそもそもそんな事に興味もなかったし、やることが山積みだったので行ってはいないからだ。

「ナイトパレードとはそんないいものなのか。…説明によると…ちょうどこの辺りスタートらしいな。」
「じゃあ始まるまでここで待ってましょうか。ベンチも空いてますし。」

そう言って、二人でベンチへ移動する。
二人ならんで座り、二人の間に沈黙が訪れる。
いつもなら錬金術の事やブレインの事等で適当に話していれば時間がすぎていくのだが。
今は、何故かこのまま静かに二人でナイトパレードを待つのも悪くないと思った。

そして、パレードが開始された。
光と闇が織り成す幻想的な風景にサクラはどうやら見惚れているようだ。
普段は興味も沸かないだろうが、今は不思議と俺様もナイトパレードに見入っている。
ふと、サクラに今日の事を聞いてみたくなった

「…今日は楽しかったか?」

そう呟くと、サクラがこちらを見たので俺様も目線を合わせる。

「…はいっ。」

サクラは笑いながら、そう答えた。

ふと気付くと、俺も笑っていた。

*SIDE*オリフィア

夢。

夢を見た。

犬にされていた私は、赤い髪の少年に救われて。

その少年と一緒に幸せに暮らす夢。


普段だって夢を見る事はある。
幸せだった頃の夢。
友達になれなかった彼女と友達になった夢。
マグノリアを可愛がっている夢。

ただ、その夢はどの夢とも違い…鮮明すぎて起きた時に一瞬、現実と区別がつかなかった。

そして、ふらっと外へ出て…気がついた時にはここに居た。


「考え事をしているうちに、こんなところに来てしまったわ・・・どこかしら、ここ。」


看板を見てみると「精霊ランド」と書かれている。

そういえば、今滞在している街にそんな物があったような気がする。
この精霊ランドは色々な街と空間移動魔法陣のようなもので繋がっているらしい。
周りを見渡すと、確かに自分たちが滞在していた街の住人とは毛色が違う人間がかなり闊歩している。

「…あの夢は、ここの影響でも受けたのかしら?」

色々な思念が…主に幸せで楽しそうな思念でも受け取ったのかもしれない。
それにしたって、あんな見たこともないような少年でもある必要な無い気が…

…見た事ない?
ふと、何かがひっかかって思い返そうとすると正面から声をかけられた。

「よぉよぉ、綺麗な姉ちゃん。お一人?もったいないから俺達と回ろうぜ?」

柄と頭の悪そうな男が二人。

「申し訳ありませんが、間に合っております。」

目の前の男達に微笑み拒否の意を示すが、男二人は下衆な笑いを浮かべながら私の前をどこうとしない。

「つれないねぇ?いいだろ?減るもんじゃないし。」

「間に合っております。」

間髪入れずにハッキリそう告げると男たちも不機嫌な顔に変わる。
力づくでどうこうしようとでもいうのか、男の手が私の肩の方へと伸びた時。
一人の男性が私と男たちの前に割り込んできた。

「あん?なんだ、兄ちゃん。」

「悪いが、彼女は俺の連れなんだ。すこし待たせてしまった間に、勘違いさせてしまったようで悪いが。ここはお引き取り願えないか?」

どうやら絡まれている私を見かねて助けに入ってくれたらしい。
なんとも、お人好しな方が居たものだ…と思っているうちに、割って入ってくれた男性は男達を追い払ってしまったようだ。

「やれやれ、大丈夫でした…か?」

「助けていただき、ありがとうございます。」

振り返った男性は、夢の中の少年と驚くほどよく似ていて、一瞬息を飲む。
…向こうも何故か一瞬息を飲んだようだが、次の瞬間にはお互い何事も無かったかのように会釈する。

「ええと、何処もお怪我とかはされないですね?それでは…」

男性が立ち去ろうとするのを見て、私は無意識に

「お待ち下さい。ちゃんとしたお礼もしていないので、もし不都合がなければ何かお飲み物でもいかがですか?」

こう言っていた。

あるカップルの護衛があるので飲み物は移動しながら、ということになり
まともに自己紹介もしていない彼と一緒にランドをめぐる事になった
そして…
何時の間にか、私は普通にそれを楽しんでいた。


そして、夢は終わりに近づく。
ナイトパレードも終わり、彼と別れを告げる。

「ええと、なんだかこんな時間まで付き合わせてしまってすいません・・・今更ですけど。」

「いいえ、私も楽しかったですから。お気になさらずに…それでは、ここでお別れしましょう。出口が逆方向のようですし。」

「そうですか…それでは、また御縁があれば。」

「ええ、そうですね…さようなら、セツカ様。」

彼がえ?と声を出している間に、私は踵を返し転移陣へ移動する。


そう、私は彼を知っている。
途中から気付いていた、けれど今日だけは気付かない振りをした。

らしくもない、と思うけれどお父様の手に渡らない限りは「彼女」は私には必要がないもの…だから見逃した。

あの夢がなんだったのかは、正直未だにわからない。
あの少年が、彼、セツカだったのかどうかもわからない。

けれど、夢は所詮夢。

私は、私がすべきことの為にまた進んでいく。
PR

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最新記事

(10/16)
(04/13)
(04/13)
(04/13)
(04/13)

 

ブログ内検索