忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レイヤ10

  • posted at:2013-03-31
  • written by:サクラ・エゾヤマ
*SIDE*レイヤ・センドウ

「んで、デートはどうだったのよ?」

テーブルの向かいの席で頬杖をついて瞳を気持ち悪いぐらいキラキラさせている兵庫に、並んで座り朝食をとっていた俺様とサクラは同時に溜息をついた。

「…なによ、楽しくなかった?レイヤのエスコートがなってないんじゃないのぉ?」
「知らん。第一俺様が望んで行われた催しではない。」
「なぁに言ってんのよ!あんた達がオッケーしたからデートに行き着いたんじゃない!自己責任よっ。」

俺様が不機嫌そうにそう言うと、兵庫はサラダ用のフォークをくるくる回しながら反発してきた。
とりあえず、まったく希望していなかったイベントをしっかりこなせなかったからと文句を言われてもはっきり言って迷惑極まりない。
さらに反論を加えようとしたら、先にサクラが口を開いた。

「あの、灘さん。レイヤ先生ちゃんとエスコートしてくれましたよ。なんだかんだで楽しかったですし。」

まさか、サクラからそんなフォローが入るとは思わずびっくりしてサクラの顔を見る。
何故か気まずそうに目を逸らされたがサクラはそのまま続ける。

「園内のマップを見てアトラクションの効率の良い回り方も考えてくれたし、あたしの苦手なものではちゃんと守ってくれたし、普段のコミュ障が嘘みたいな、あいた!」
「誰がコミュ障だ。」

人をフォローするか貶すかどっちかにしろ、とサクラの脳天にチョップを食らわせていると兵庫が嫌らしい顔でほぉほぉと頷いてる。

「そっか、いい雰囲気でうまくいったのね。良かったわ!」

兵庫の言葉に俺様とサクラの目が一瞬視絡み合うが、すぐに二人揃ってそっぽをむく。


きっかけはどうでも良い事だった。

だが、錬金術以外でも、サクラと一緒に居る時間は意外と悪くはなかった。
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 

最新記事

(10/16)
(04/13)
(04/13)
(04/13)
(04/13)

 

ブログ内検索